独り住まう居どころ

探偵の実績って、どうやってわかるの?

最近はいろいろな探偵社が出てきていて、法律が緩和されたからとかなのか

けっこう昔なら探偵ってちょっと暗い感じのイメージがあったんですが、
今ではすっかり垢抜けたように、さわやかなイメージの探偵社とか探偵事務所なんかがありますよね。
なかには探偵事務所なのに、顔出しとかしてしまってる、ほぼその社員さん全員の集合写真とかも掲載されていて
これって、探偵の仕事をするときに差し支えないのかな?って、こちらがいらぬ心配をしてしまうくらいです。
だって、例えば探偵のしごとの中でも多分重要な部類に入るであろう尾行とか、顔バレしてると任務遂行ができなくなっちゃうんじゃないんでしょうか?

(さらに…)

今や没落

20年後のことは分かりませんけど、その前に憲法9条改正はそう遠くない時期に行われると予想しています。「なぜ三井だけが生き残ったか」を紹介しましたが
(さらに…)

本場

墓があるということは、お寺さんがそもそも動いたり境内改装したりしてるかもしれないけど、 墓の前という同じ場所に僕らも先祖と同じように立つことが出来てる、
(さらに…)

理系の出番

やるのでしたら、東大、京大、東工大の理系で有望な若手研究者(講師あたりが適当)を教授としてひっぱって来て、日本のMITを目指すと面白いのではないでしょうか?
(さらに…)

いつも思い通りにならない。

母ちゃんがラーメン屋で豚丼を食べようと言うからその事情を踏まえてすし屋になった。 (さらに…)

見たことも無いものは

今にして思えば山岳会に入会した頃は「先鋭的な登攀」と言うのがしたかった。 (さらに…)

病院は静かで読書するには良い

お昼に透析バッグを交換して直ぐに神保町へ行った。 (さらに…)

無茶苦茶な起訴

小沢君である。しかも小沢君は選挙の勝ち方を知っ ている。
小沢君に勝たれたら、小沢君が圧勝しないまでも小沢君を中心に第三極が政権を取る
(さらに…)

浮気の調査方法

パートナーが浮気をしているのではないか?と疑惑を持ったらどうするだろうか? やはりそれを実証しようとするのではないだろうか?感情的になって問いただす人もいるだろうが、もし相手が浮気をしていたとして、素直に認めることはまずないし、反省してやめることもない。

逆に警戒を抱きより狡猾に振るまうことになるのがほとんどである。

密かに相手の動向をうかがい、動かぬ証拠を手に入れたあとに一気につきつける、というのが主導権を握り、相手を追い詰めることができる最適な方法だろう。

ではパートナーの浮気を発見するための調査方法とはどんなものがあるだろうか?
真っ先に思い浮かぶのは興信所に調査を依頼することだろう。

プロの技術による調査方法なら浮気の事実の有無を発見することはけっして困難ではないだろう。

しかし、これにはかなりの費用がかかる。

実際問題、興信所に依頼するのはよぼと追いつめられた時だけだろう。
それよりも浮気調査 電話相談をして
現状の夫の行動を調べて気軽に相談すると優位に運ぶことが可能に成ります。

浮気の証拠を得ることができれば興信所の経費を十分回収できるような状況…たとえば離婚協議の際の武器として証拠を求めるような。

プロに頼むのでなければ自分自身でやることになる。

自分で行う調査方法としてもっとも基本的なのは携帯電話のチェックだろう。

メールに不審な履歴が残っていないか、あれは基本的かつ強力な証拠となる。

しかし相手もそれは重々承知、浮気相手のメールは履歴から削除していることが多いだろう。

もっとも効果が見込める調査法はちょっと漠然としているが、
自分自身で「日ごろから目を光らせる」監視することに尽きるのではないだろうか。
一緒にいる時間が長いからこそ気づく変化がある。

じっさい、浮気をする際にはなんらかの兆しを見せるものだ。

普段より妙に口数が多かったり、着ている服がいいものだったり、外出する時間がいつもより早くなったり…そういったささいなことを見逃さない癖をつけておけば、相手が決定的なミスをしたときに見逃すことなく証拠をえることができるようになるだろう。

 

不倫の気持ちとリスク。

恋にはいろいろなパターンがありますね。魅力にひかれてついていくと実は家庭があったり、別に恋人がいたりという事もよくあること。
(さらに…)